法定後見制度申立てについての費用

法定後見制度を申し立てる時の費用の説明です

1法定後見制度申立てについての費用

10万円から(税別)
法定後見制度を利用するにあたって制度のご説明や、家庭裁判所へ提出する書類の収集であったり、親族関係説明図、財産目録などの必要書類の作成といった、やや困難で煩雑な作業を依頼者様にかわって行なう当事務所にお支払いいただく料金です。
なお、申立書への記載と提出については原則、依頼者様にしていただくことになります。家庭裁判所のホームページに申立書の記載例が載っておりますので、それほど難しいものではありません。それでも誰かに依頼したい、忙しくて提出しに行く暇がないなどの場合は、成年後見制度に精通した弁護士、司法書士をご紹介いたします。
そのほか遠方の場合、日当と交通費等が別途かかる場合があります。

2切手代

3〜5千円(実費としてかかります)
家庭裁判所との連絡用の切手代です。裁判所ごとに異なります(福島家庭裁判所管内は3700円)。

3登記手数料

2600円
成年被後見人として登記されるための手数料です。収入印紙にて支払います。

4申立て手数料

800円
保佐及び補助について代理権又は同意権を付与する場合には都度800円が加算されます。

5診断書作成手数料

1万円程度
ご本人様の診断書の作成手数料になります。

6鑑定費用

10万円程度
家庭裁判所が必要と判断した時に必要となります。鑑定する病院などによって金額に差がありますが、概ね10万円程度です。

7その他の費用

ご本人の戸籍謄本や住民票の交付手数料、成年後見人候補者がいる場合は、その者の住民票又は戸籍附票の交付手数料など、それぞれ数百円ずつかかります。