判断能力はあるが最近物忘れが増えた。足腰が衰えた。そんな時は財産管理委任契約

任意後見契約が、ご本人の判断能力が衰退して初めて効力を発揮するのに対して、財産管理委任契約は判断能力が健全なうちから効力を発揮する財産等の管理方法で任意代理契約とも言います。

 

認知症ではないが最近物忘れが多くなってきた場合、定期的に支払っている固定費を委託された者がご本人の所持金から代理して支払うこともできますし、足腰が弱くなってきたので銀行に行くのが難しくなってきた場合、委託者が代わって預金をおろしてきたりすることもできます。任意後見契約と違い、ご本人に判断能力があることが前提ですので、委任した事務の監視、監督はご本人が行います。任意後見契約の前段階として有効な契約と言えます。