家族信託の費用

家族信託にかかる費用として主なものを表記いたします。

1家族信託の組成料金

家族信託のプランニング料金です。誰を委託者にして誰を受益者にするか、受託者は誰か。受益権はどの順番で渡していくか?最終的な帰属権利者は誰か?信託の終了事由はなにか?これらをプランニングする専門職へ支払う報酬です。報酬額は信託する財産の額により変動いたします。
下記表示が当事務所の家族信託契約の組成(プランニング)料金となります。
※不動産を信託財産に組込む場合は、固定資産評価額が信託財産額となります。

 

信託財産額 プランニング料金
〜3000万円以内 35万円
3000万円超〜1億円以内 1000万円増加ごとに8万円追加
1億円超〜3億円以内 1000万円増加ごとに5万円追加
3億円超〜5億円以内 1000万円増加ごとに3万円追加
5億円超〜 ご相談ください

 

2公正証書作成時の公証人手数料

家族信託の契約書を公正証書にするために公証役場へ支払うお金です。
家族信託の契約書は必ずしも公正証書で作成する必要はありませんが、その信憑性の担保と後日の紛争等を回避するために当事務所では公正証書での家族信託契約書をおすすめしております。料金は信託財産の額により変動いたしますが、3万円から10万円ほどとなります。

3信託登記の登記手数料

信託財産に不動産が含まれる場合、登記簿に信託した旨を登記しなければその効果を発揮しませんので、信託登記をするために司法書士へ支払う料金になります。相場としては10万円から15万円ほどとなります。

4登録免許税

上記3の信託登記をするときに登録免許税として国へ支払うお金です。【家族信託と税金】の項でも記しましたとおり、所有権が(名義上)移転する分は非課税となりますが、その土地や建物について信託財産にしているという登記をする分の料金です。

 

土地については固定資産評価額の3/1000(令和3年3月31日まで)
建物については固定資産評価額の4/1000
となります。

5その他の費用

1から4の他に、遠方の依頼者様である場合、出張費用や交通費、日当がかかる場合があります。当職においては福島市内の依頼者様の場合、出張費及び交通費は無料です。その他の市町村、都道府県の依頼者様については、距離に応じて出張費及び交通費を請求させていただいております。
また戸籍謄本や住民票など資料を収集した場合の手数料(1通につき1000円から2000円程度)が発生します。
その他なんらかの必要費が発生した場合は、依頼者様に確認の上、実費のみご請求させていただきます。